立ち寄り温泉を利用する

「一本のえんぴつ」近くの立ち寄り温泉

伊豆へ来たからには温泉に入りたい、お風呂好きなら熱望したいところだ。「一本のえんぴつ」は内湯温泉を希望する旅人には、残念ながら温泉の引き湯はない。

伊豆高原は温泉場と言っても全ての宿が引き湯しているわけではない。もちろん、源泉直接湯もあれば引き湯もある。タンクで温泉水を運んで沸かして利用している「温泉宿」もある。

「一本のえんぴつ」は〝安く泊まって楽しく遊ぶ” がコンセプトなので、背伸びしたコストをかけてお客様に負担してもらうより、その分、宿代は見合った料金にして、お食事や温泉は土地の個性ある施設を利用することをお勧めしている。

これぞ穴場「一本のえんぴつ」近場の富戸温泉

かわいい富戸温泉、お湯は一番、のオススメ湯場

何と言っても一本のえんぴつからは近い。最近オープンした温泉だが、家庭の風呂を少し大きくしたような木造りの風合いが ”これぞ温泉”といった雰囲気を醸し出している。100%源泉混ざりっ気なし。泉質は伊豆高原では珍しく、ただいま、利用者の口コミ情報で拡散中。入浴料 ¥500futo-spa

一本のえんぴつからは車だと5分もかからない。富戸海岸へ出る手前、家並みが切れたところを右に上る。

小さいお風呂がチョット、という方には少し足を延ばして「伊豆高原の湯」が良いだろう

R135を下田方面へ、伊豆高原駅入り口近く、エネクスGS前にある。大型の立ち寄り湯専門施設だけに設備は充実しており、エステもできる。

観光客の利用者が多く、土日やシーズンは少し混み合うが、サウナ、露天、泥湯もあり、子供連れでも楽しく入浴できるし、休憩エリアも広く、漫画文庫が充実している。

大人¥1,000 特別割引券があり印刷して持っていくと¥900になる。

http://www.suiransou.com/yu/ticket.html

詳しく見るには  http://www.suiransou.com/

料金¥1,000はな〜、と思われる向きには「かんぽの宿」をオススメしたい。

何と言ってもれっきとしたリゾートホテルの大浴場。サウナもあれば露天もある。何よりもアメニティが揃っていて、清潔が何よりだ。

spa

R135ならではの便利情報